VISION

私たちのビジョン

VISION

私たちクオリが目指しているのは、
お客様ひとり一人の「自分らしい美しさ」を引きだすこと。
そのためには、肌の表面へのアプローチだけでなく、
身体の内側からのケアも必要であるはずです。
内側と外側、両方の本質的な健康によって生み出される美しさを追求し、
「自分らしい美しさ」を引きだす最適なソリューションを
ご提案し続けていきます。

私たちにできること

What We Do

01

外側から美しさを引きだす
基礎化粧品の企画・開発。

販売サイトへ移動します

02

内側から美しさを引きだす
健康食品の企画・開発。

03

最適なソリューションを提供する自社企画・開発商品の通信販売。

会社概要

Company Profile
社名 株式会社クオリ
代表者 代表取締役 滝口真由美
本社 〒262-0013 
千葉県千葉市花見川区犢橋町1516
TEL 043-250-4773(受付 平日10:00~17:00)
設立 2014年8月7日
事業内容 化粧品及び医薬部外品、健康食品などの企画・開発・販売/広告代理店業/WEB制作事業/通信販売
取引銀行 三菱UFJ銀行・八千代支店
千葉銀行・稲毛東口支店
ジャパンネット銀行
Access

アクセスマップ

株式会社クオリ

〒262-0013
千葉県千葉市花見川区犢橋町1516

【公共交通で】
JR総武線「新検見川駅」北口から京成バス
→ 「広尾十字路」下車後、徒歩約2分
【自動車で】
東関道千葉北インターチェンジから約7km ※ 駐車場5台
Origin of Cuori

クオリの起源

社名の由来

「Cuori」は、イタリア語で“心(ハート)”を意味する言葉。

私たちクオリは、“心”を大切にしています。

心のこもった商品作り・心のこもった対応サービスを心掛け、
お客様と心が通う本当の意味での“通心販売”(通信販売)を目指す。

その決意を込め社名を「Cuori」としました。

Cuoriロゴマークの意味

ロゴマークの二重円は、お客様と私たちのご縁(円)を
大切にする意味が込められています。

円内は、Cuoriのイニシャル『C』とハートマークをアレンジし、
漢字の『心』にも見えるように工夫したデザインにしました。

多くの方に親しまれるロゴマークになることを願っております。

Management Philosophy

経営理念

経営理念

  • 一、 社業を通して社会に貢献する。
  • 一、 会社の発展と従業員の幸福を一致させる。
  • 一、 お取引先はじめ、協力者すべての相互発展を期す。

行動指針

“お客様の喜び”を“自分の喜び”とし、信頼を得る事に情熱を注ぐ!

お客様との約束八箇条

  • 一、お客様から受けた恩を忘れてはならない。
  • 一、ミスは正直に伝え、嘘をついてはならない。
  • 一、お客様に与えたミスや損害は、それ以上の価値で返さなければならない。
  • 一、出来ない約束をしてはならない。
  • 一、お客様を大切な友人・家族として接し続けなければならない。
  • 一、お客様に喜ばれる商品を提供し続けなければならない。
  • 一、自分の家族に誇れない仕事をしてはならない。
  • 一、これらの事が守れない時は、事業から撤退する。
History

沿革

2014年08月
株式会社クオリ設立
2014年10月
株式会社クオリ コーポレートサイト開設
2014年10月
Facebookページをオープン
2015年03月
クオリ・クレンジングバター箱タイプをリリース
2015年10月
Instagramをオープン
2016年01月
クオリ・クレンジングバター袋タイプをリリース
2016年03月
プラチナ エンザミン酵素をリリース
2017年04月
サルヴェ・ボーテ リペアクリームをリリース
Social Contribution

社会貢献

社会貢献活動

弊社代表の生まれ故郷である千葉県船橋市にあるボランティア団体ギフト(事業所名:ワルツ/就労継続支援B型福祉事業所)の取組みに共感し、支援にご協力させて頂いております。

ワルツでは障がいを持つ方々が、すこしでも社会との関りを持てるようにとカフェを運営し、働ける場を提供しています。また、市内にある中学校の特別支援学級の生徒さんが制作した商品を展示販売しています。

私たちクオリは、芸術の才能とまっすぐな感性で作られた素敵な作品を積極的に購入し、弊社のお客様への誕生日プレゼントなどに使わせて頂いています。

また、弊社お客様への健康祈願のプレゼントとしてお送りしている「折り鶴」も、ワルツに制作して頂いています。

障がいを持つ方々が、自分で作った商品が売れた喜び・新たに作る喜び・そして社会と関わっていることを実感する喜び、それらを感じるためのお手伝いが出来ればと考えています。